WELCOME

生体ロボット研究室は、 空気圧を用いたソフトメカニズム、 人間の感情、知覚、運動制御に関する研究を行っています。 人間の心と身体の仕組みを理解し、 生体のように柔軟で洗練された機械システムをつくることを目標に研究に取り組んでいます。
指導教員 満田 隆 (教授) >> Personal Page 

ニュース
2017.9.19 触行動が選好決定に与える影響に関する研究論文のPerceptionへの掲載が決まりました。
2017.8.31 閾下他者視線による好意度変化に関する研究論文がCognition and Emotionに掲載されました。
doi:10.1080/02699931.2017.1371002
2017.7.27 可変粘弾性シートを用いた力覚提示装置に関する予稿論文がIEEE Xploreに掲載されました。
doi:10.1109/WHC.2017.7989929
2017.7.25 皺が生じない円筒形状の粒子内蔵可変剛性要素(Granular Jamming)に関する研究が 日本機械学会論文集に採録されました。(doi:10.1299/transjsme.17-00107)
2017.6.1 可変粘弾性シートを用いた力覚提示装置をIEEE World Haptics(6/5-9)で発表します。
2017.6.1 閾下の他者視線が好意度に影響することを認知心理学会大会(6/3,4)で発表します。
2017.6.1 研究室配属関連情報を掲載しました。
2017.5.22 可変粘弾性シートをRobomec2017で発表しました。
2017.4.4 可変粘弾性シートを開発しました。
詳しくはこちら(外部サイト)
プレゼン動画@JST新技術説明会
2017.3.27 学科再編、新年度移行に関連する更新
※2017年度より情報理工学部4学科は1学科(情報理工学科)に再編されます。
本研究室は、実世界情報コースに所属します。